お花のクッション 完成!

なんとか仕立ても出発前日の夜に仕上がり
クッションが完成しました!

f0312890_17112947.jpg

ところが、25日、贈るはずだった夫の従姉は
療養施設で容体が急変して
救急で病院に運ばれ、午後2時ごろ旅立ってしまいました。
享年56歳でした。
私たちはちょうどクリスマスの食事中に連絡をうけて
涙涙のお食事になってしまいました。
今月の初めに電話で苦しそうな声を聴いて
駆り立てられるように、いそいで仕上げたクッションは
彼女のご両親にお渡ししました。
本人に渡せなくて無念です。

f0312890_17175111.jpg
これは、夫の実家の暖炉の上のサントン人形です。
25日の朝にイエスを飾りました。

今年は夫の両親と従姉を相次いで亡くしました。
8月、10月、そして今月と、2か月ごとにお葬式にでてます。
来年は心機一転、みんなが健康で元気な1年でありますよう、
心から願うばかりです。





[PR]
by citronpresse | 2015-12-27 17:23 | boutis | Comments(4)
Commented by echaloterre at 2015-12-27 20:29
そうでしたか・・・
56歳、まだお若かったのね。
ご主人のご両親も亡くなられたのね。
心からご冥福をお祈りします。

クッション、頑張りましたねーー。
ご本人に渡せなかったのは残念だけど
素晴らしい作品、micaelaさんの気持ちはちゃんと伝わったに違いないわ!!
micaelaさんもご主人も、どうぞ身体に気を付けてよいお年をお迎えくださいね。
Commented by citronpresse at 2015-12-29 06:25
> echaloterreさん

どうもありがとう!
夫の両親はもう寿命で老衰だったけど
従姉はまだ若かったから、年老いた彼女のご両親もとても悲しんでました。

echaloterreさんもブティをぜひぜひ続けてくださいね。
どうぞよいお年を!

Commented by nakayama hiromi at 2016-01-05 10:57 x
とてもきれいに出来上がっていて素晴らしい! 完成を心待ちしていましたが、無念ですね。56歳なんて...。お嬢さまを見送られたご両親がどれだけお辛いか。さまざまな想いの詰まった作品になりましたね。
Commented by citronpresse at 2016-01-06 08:11
> nakayama hiromiさん

ありがとうございます!!
もう、大急ぎで作ったんで、最後はコード詰めで腱鞘炎になってしまったので
夫に手伝ってもらいました。こんなに急いで作ったのは初めてです。
誰にも見送られず、家族が病院に着く30分前に逝ってしまいました。
本人に作品を見てもらいたかったです。
<< あけましておめでとうございます! お花のクッション その4 >>